患者様の声一覧

大西 直人さま 症状:叢生(そうせい)

画像

4年前に、上の歯の並びの悪さが気になり矯正を始めました。 本格的に矯正を始める前に親知らずを4本とも抜きました。私の場合は下の歯が横向きに生えていたため、抜歯の際に大変な思いをしました。

その後2年間は矯正器具を装着していました。少し窮屈に感じることもありましたが、特に生活で不便なことはありませんでした。
2年後に、器具をはずした瞬間の開放感は今でも忘れられません。そして、舌先で上の歯を触った際の感触は驚きでした。 依然感じられていた凹凸がなくなり、真っ平になっていたのです。窮屈な思いをした甲斐があったと感じ、非常にうれしかったです。
また、歯並びが良くなったことで、笑顔を作る際の口角の上がり方が左右対称になるという副次的な効果も得ることができました。

さらに、変色していた前歯を差し歯にしました。差し歯にすることで、前歯の長さと色が統一されました。
今後も就寝時に補てい器具の装着を続け、きれいな歯並びを保っていこうと思います。
最後になりますが定期的な検診や、抜歯と差し歯のための医療機関を 紹介してくださった野村先生には大変感謝しています。

M・Tさま 症状:叢生(そうせい)

画像

「1年半後に控えていた結婚式の写真は、きれいに並んだ歯で撮りたい」
そんな私の希望を叶えることができました。 過去に一度歯列矯正をしたことがありました。しかし、生えはじめていた親不知が歯を押してしまい、下の前歯がずれてしまいました。 

今回、上下併せて4本の親不知を抜き、歯の並びを整えてもらいました。短期間できれいな歯並びにするということはとても難しいことだと思います。 野村先生のおかげで、挙式の1ヶ月前には歯の固定装置も外れ、ホワイトニングをして挙式に臨むことができました。 おかげで挙式では歯並びを気にすることなく、笑顔で写真に写ることができました。
ありがとうございました。

N・Hさま 症状:叢生(そうせい)

画像

歯並びが悪く、奥歯の二本でしかものを噛んでおらず、このままではその歯が早くダメになってしまう。でも、抜歯せずに矯正可能ということで、36歳から矯正を始めました。 矯正をしたことで、全部の歯を使ってものが噛めるようになり、顔が左右対称に近くなり、歯並びもキレイになりました。
肩や首のコリも無くなり、健康に大きく貢献した上に、見た目もよく(?・笑)なったと思います。 

治療時の痛みについては結構周りから脅されましたが、私はほとんど痛みも無く、大体普通に食事できました。野村先生はとてもロジカルでポジティブ。治療方針とその理由をしっかり説明してくれる一方、こちらの意見や考えもしっかり聞いてくれて、安心して治療を受けることができました。とても感謝しています。矯正やってよかったです。ありがとうございました。

M・Tさま 症状:上顎前突(じょうがくぜんとつ)

画像

私は小学生の時に矯正を始めました。
治療途中は痛み、口内炎、見た目、睡眠時の器具など、様々なことに悩まされました。また、長期間に亘ったため、いったいいつ終わるのだろうかと不安になることもありました。しかし、かつてよりも引き締まった口元、綺麗になった歯並びになった今は、やはり矯正はやってよかったと思います。両親、そして治療をして下さった野村先生には大変感謝しています。

長谷川 未穂さま 症状:叢生(そうせい)と上顎前突(じょうがくぜんとつ)

画像

治療に関する説明がとてもわかりやすく明快で、また、医院全体の明るく温かい雰囲気からも、先生が患者さんとの信頼関係を非常に大切になさっているのだなあと感じました。
歯を動かす治療の途中で器具を壊してしまった時には、多忙な時間帯にもかかわらず、すばやく丁寧に対応していただき、うれしかったです。治療によって、口呼吸の習慣が止み口元はすっきりとした形になりました。先生の治療を受けて本当によかったと思います。

C・Mさま 症状:叢生(そうせい)

私は小学6年の時に矯正を始めました。
始めた頃は歯を抜くのが怖くて嫌だったり矯正の器具をつけていなくてはいけないので面倒だし人目も気になるし少し嫌でした。毎日歯が痛くてムズムズして気持ち悪いなとも思いましたが少しずつ歯がきれいに並んでいく様子がわかり頑張ろうと思って続けました。
中学のときにブリッジが取れてリテーナーになったときは凄く嬉しかったです。

それからは食事のとき以外はリテーナーをつけていましたが歯並びはとても良くなっていたので今度はこれを維持しなければとずっとつけていました。
私のまわりにも矯正をした子はたくさんいたのですがリテーナーをつけず歯が元の位置に戻ってしまった子がたくさんいました。私はせっかくきれいに並んだのにもったいないと思いなるべくつけるようにしました。

それから矯正に行く度に歯並びもかなり安定し始めたようで今では始めて13年が経ちますが月に1度寝るときにリテーナーをするだけで歯並びが保てています。 
矯正は長くて痛くて面倒で辛いなと思うこともありましたが今はみんなに歯並びがきれいだねと誉められるし自信を持って歯を見せて笑うこともできるので矯正をやって本当に良かったと思います。 野村先生ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

H・Kさま 症状:反対咬合(はんたいこうごう)

画像

わたしはようち園のころからきょうせいをやっています。
今4年生で、それまでにいろいろなそうちをつけました。 
でもその事をわすれてしまうくらい楽で、次はどんな事をするのか楽しみです。
歯もちゃんと治ってきて良かったです

K・Sさま 症状:叢生(そうせい)と上顎前突(じょうがくぜんとつ)

画像

私が矯正を始めた理由は、ひどい頭痛と肩こりという健康上の理由が一番でした。 治療中辛かった事は、
・装置を調整した後4、5日はとても痛かったこと
・食事が大変だったこと(食べ物がひっかかる、装置が取れるなど)
・歯磨きに時間がかかる
・終日リテーナー装着の期間は間食できず、旅行中などとても不便 といったことでした。

しかし、治療が進むにつれ、どんどん歯並びがキレイになっていく過程を見るのはとても楽しみで嬉しいものでした。 
今は頭痛もほとんどなくなり、歯磨きもラクになり、辛い治療ではありましたが本当にやって良かったと思っています。

M・Wさま 症状:叢生(そうせい)

画像

矯正をはじめて、歯並びがよくなったことで、人前に出る事が億劫でなくなりました。 
今ではもう器具を使うこともなくなり、日々の生活もとても楽になりました。 
最初は痛くてやめたくなったときも何度もありましたが、今では頑張って続けて本当によかったと思っています。 
矯正を勧めてくれた両親や、野村先生にはとても感謝しています。

H・Tさま

画像

私が歯の矯正をしようと思った最大の理由は、英語の発音において非常に困難な局面に直面したからです。英語という言語は日本語の発音には無い音をたくさん持ち合わせています。例えば [th] の発音方法ですが、これは自分の舌を上下の歯に挟んで出さなければなりません。ところが当時の私は上下の前歯が前に出ていたので非常に発音がしづらかったのです! 出来なかったと言ったほうが適切かもしれません。矯正治療の末、英語の発音がやりやすくなったことは言うまでもなく、他の面でも有利なことがありました。まずは呼吸の方法が口呼吸から鼻呼吸に変わりました。以前は呼吸の度に少し音が出ていたのですが、矯正後とても静かになりました。うるささゆえにあやうくアマゾンという名が付けられるところでした……。そして口から直接菌類を取り入れなくなったので、風邪をひきづらくなりました。その分鼻毛がよく伸びるようになりました。

また顔の輪郭にも変化がありました。矯正後は口元が引っ込んだので痩せたような顔つきになったと思います。私の一族は皆普通なのに、私だけ誰に似たのかわかりませんが猿に近かったと思います。治療後、見事一族の仲間入りを果たしました。

美しさとして歯並びが良いことに越したことはないのですが、私は治療を通じて歯の機能としての重要性を学んだと思います。人それぞれ様々な理由があって矯正をやろう! と決心すると思いますが、私の場合、目的以外にも体にとって良い結果が得られたので大変満足しています。しかし、のむら矯正歯科を知るまでに歯医者をあちこちと盥回しにされるなど様々な苦労をしました。その苦労の末、自分が満足できる水準へ達したので先生と両親にはとても感謝しております。是非皆さんも今一度自分の歯について考えてみてはいかがでしょうか?

<< 1 2 3 >>