TNのつぶやき一覧

患者様の矯正治療体験コラム4~歯並びをきれいにするためには絶対に必要~

東京都狛江市の歯列矯正専門医院「のむら矯正歯科」の患者様コラムをご紹介するページです。当院では、治療を受けていただいた患者様に治療体験記をお寄せいただいています。治療時のお気持ちをご自分の言葉で率直に書いていただいていますので、矯正治療をお考えの方はぜひご覧ください。

本格的な矯正治療を始めることに

治療開始

画像

十年程前に一度ブラケットを装着していた私ですが、奥歯の抜歯を経て、この度再び本格的な矯正治療を始めることになりました。

今回(7/27)の治療では、ブラケットを装着する前段階として、右の奥歯と左の奥歯を架橋する装置(名前はわかりません!)を装着しました。これを三週間ほど装着してからブラケットを装着するようです。やはり舌に金属が当たって食事がしにくいことはしにくいのですが、さほど痛みはないです。

以前ブラケットを付けていた頃に関しては、装着後数日は、歯が痛すぎて食事をできなかった記憶があります。ただ、時間が経つにつれて痛みは無くなって、歯並びの変化を実感できるようになってゆきました。そのため、次回ブラケットを装着することにあたって、また痛いんだろうなぁ、という恐怖感と、歯並びをきれいにするためには絶対に必要だな、という期待感が混在する今日この頃の心情です。

先日、上の歯だけですが、ワイヤー矯正を開始しました。

画像

ブラケット、ワイヤーの装着自体は、約一時間ほどの治療時間で完了しました。

痛みを心配していましたが、装着直後はあまり痛みはなく、昼食も普通に食べることができました。今回は二回目だからこんな程度の痛みかな、とも思いましたが、やはりそうは問屋がおろしませんでした!油断してはいけません!治療日の夜には、痛みが本格化してきました。とくに前歯は使い物になりません。なにかを噛み切る動作は絶望的に困難です。奥歯は比較的に痛みが少ないため、食べ物を口の中に含んだ瞬間から速やかに、上手に奥部に送り込む必要が発生しました。とはいえ、執筆現在(ブラケット装着から五日後)は徐々に痛みも治まり始めています。おそらく、ブラケット装着当当日の夜から二、三日がピークだったのではないでしょうか。
また、ブラケットといえば、やはり見た目も気になるところですが、僕は今回透明プラスチック製のものを使用しているため、予想以上に全然気になりません。周囲の人もパッと見では僕がブラケットを付けていることに気付かないんじゃないか、と思うほどです。

歯になにか異物を装着すること自体は、実際に装着するまでは、確かに心理的な抵抗感があるものです。ただ、装着してしまえば、基本的に、装着する前の日常生活が続いて行くだけで、装着以前に抱いていた抵抗感はやや大げさなものだったかな、とも感じられるようになりました。
いずれにせよ、本格的な治療がスムーズに始まって安心しました。これからの過程に期待です!

今回の治療で、下の歯用の針金が、進化、しました(笑)。

画像

腕が生えたというか、羽が生えたというか、 カギ状の針金が歯茎の前方を完全武装した感じです。おそらく何かから歯茎を防御できるわけではありませんが、いやそもそも下の歯茎をピンポイントに攻撃対象とされることはないかと思いますが、何となく「武装」って感じです。

ただ見た目の割にやることは変わりなく、上下の器具の突起に輪ゴムを引っかけたりしています。あと変わりなく食事中に食べ物が矯正器具の付近に引っかかります(笑)。特に今回進化したカギ状の部分と歯茎の間は本当に引っかかります。この状態になってから、爪楊枝を使う機会がほんとに増えました。なんと爪楊枝の有用なことか!歯ブラシじゃなかなか届かないんです針金と歯茎の間に!あ、ここまで書いて分かったんですけど、今回進化した針金の「腕」は、歯茎を守るというよりはむしろ、歯茎と「腕」の間に挟まった食べ物を、歯ブラシの魔の手から守っている感じですね。難儀なことです(笑)。

難儀に思う時ももちろんありますが、その分効果は期待できそうで、治療の進行を実感できて、それはそれで良いですね。
このまま歯並びが良くなって行くことを期待します!

日々輪ゴムを付けている結果、やっぱり歯の位置が動いていることがよくよく感じることができている今日この頃です。

画像

特に犬歯の位置はすごく変わってきていると思います。あれ、こんな位置だったっけ(もちろん良い意味で)?、て感じです。全体的に上の歯と下の歯が「噛んで来ている」って感じですかね。効果が実感できると日々の手間も苦にならないもので、自然と輪ゴムも付けなきゃって気持ちになります。まだ途上ですが、このまま順調に行きたいですね!

こんにちは。

画像

そろそろ装置を外す日程も決まりまして、ラストスパートと言ったところでしょうか。
最近はそれほど大きく歯の移動を感じることもなく、なんの違和感もなく日々を送っております。
なんの違和感も無さ過ぎるあまり、逆に装置を外したら違和感あるんだろうなー、と思うくらいです。輪ゴムをつける作業もお手の物です。
装置を外したらまずやってみたいことは、歯ブラシですね!
装置が付いていると歯の前面がどうしても磨きにくく、ややフラストレーションが溜まります。装置を取ってしまった後は、もう心ゆくままに歯(特に前面!)を磨きたいと思います。
何はともあれあと数週間、油断せずに、順調にやっていきたいと思います。ではでは。

患者様の矯正治療体験コラム3~キレイになるために、頑張れ!私!~

東京都狛江市の歯列矯正専門医院「のむら矯正歯科」の患者様コラムをご紹介するページです。当院で治療を受けていただいた患者様からお寄せいただいた体験コラムは、「リアルな情報でとても参考になる」「いいところだけ書いてあるわけではないのでためになる」「注意すべき点がよく分かった」などと好評をいただいています。矯正治療をお考えの方は、ぜひ一度ご覧ください。

矯正治療中にイタリア旅行を敢行!

治療開始

画像

ついに始まりました……! 高校生のときから念願だった矯正治療。2年前、野村先生に出会えて本当によかったと思っています。

治療前には、友だちみんなに「美味しいものが食べられなくなるよ~」とか「痛いよ~」とか、さんざん脅かされました。が、キレイになるにはガマンガマン! そういう覚悟で始めました。でも、上の歯に装置が入ったとたん、さっそく「ヤバイ!食べられない」と涙目になってしまいました。ここ1週間、私の主食はスープや味噌汁です。好きなものが食べられるって素晴らしいことなんだなぁとあらためて実感しました。だんだん慣れてくるにしたがって、大好物のカボチャも食べられました! でも、矯正の戦いはまだまだ続きます。キレイになるために、頑張れ!私!

9月11日

画像

今日は歯ぐきにインプラントを入れました。前に写真で見せてもらった感じだと、歯ぐきにピアスが刺さっているみたいで、ものすごくビビっていました。朝からずっとドキドキしていて……。イスに座っているときも緊張しているのがわかったらしく、先生に「力抜いていいよー」と声をかけてもらいました。「ヤバイ!面白いこと考えなきゃ!」と焦っていたら、隣の席のお母さんのお膝に座っている赤ちゃんと目が合って、自然とリラックス。ありがとベイビー☆

インプラントの実物を先生に見せてもらったときの印象は、「小さい釘!」って感じでした。麻酔をして入れてもらいましたが、案外あっけなくて、痛くもないしすぐに終わってよかったです。明日からはみんなに「歯ぐきにピアス入れたんだ」って自慢することにしました。歯みがきはこれまでのようにいかないので、頑張ります。次回はついに抜歯。本格的になってきて、なんだか楽しみです。

12月3日

画像

なんと、11月22日からイタリア旅行に行ってきました! 出発1週間前には3本抜歯したところにゴムを引っ張って、器具をつけてもらいました。下の歯ははじめ少し痛みがありましたが、すぐに治まりました。銀のボタンのところにピンクとオレンジのワイヤーを入れてもらったのがお気に入り。

旅先で心配だったのは、生ハムが挟まって取れなかったらどうしよう……ということ。あの手のタイプの食材は、ワイヤーに引っかかったらなかなか取れないのです。野村先生おすすめの小さい歯ブラシで掻き取るのがベストなので、どこへ行くにもこれを持ち歩いていました。細かいパスタやお肉のスジ、生ハムもキレイに取れました。何のトラブルもなく、美味しいイタリア料理を楽しめていい旅行になりました。そして、帰国後の今日、最後の4本目を抜歯しました。全部の歯に装置を装着するのが楽しみです!

2月19日

画像

12月から下の歯にワイヤーが入りました。はじめの1週間はあまり噛めなかったのですが、慣れてきたら、硬いもの以外は普通に食べられるようになりました。最近、職場の人にも「少しずつ顔が変わってきている」と言われました! 少しずつ顎が出てきて、口が閉じられるようになっているのが自分でもわかります。変化しているのがとても面白いですね。毎日の歯ブラシはワイヤーが入ると細かな部分が増えてみがきにくくなっていくので、時間をかけて頑張ります!

7月29日

画像

矯正治療を開始して、1年と4ヶ月が経とうとしています。早いものだなぁと感じます。治療前には「2年半くらいかかる」と先生に言われていたから、もう折り返し地点ですね。本当にあっという間です。

はじめは慣れなくて痛いし、歯はいっぱい抜いたし、ご飯食べるのには時間がかかるし、あまり口元に変わった様子はないしと、少し辛くなったときもありました。でも、今となってはそんなに苦痛ではありません。どんどん顔や口元が変わっていっているのがわかって楽しみになってきています。人からも「変わった~」「キレイになってる」と言われて、素直に嬉しいです。

前歯が引っ込んできているのはわかるのですが、全体的にはもう少しかかるようです。私は笑うことが大好きなので、もっとステキな笑顔になれるよう、頑張ります! 優しい先生と、いつも楽しませてくれる歯科衛生士さん、これからもよろしくお願いします!

1月29日

画像

今日は、待ちに待ったワイヤーが取れる日です。いざワイヤーがなくなってみると、スッキリした感じと同時に、なんだか物足りなくも感じたりしました。今まで、舌で触ると装置のゴツゴツした感覚があったのに、ツルッとしているのが不思議です。とにかく嬉しい!という気持ちでいっぱいになりました。

この後は、治した歯が戻らないように、取り外しできるリテーナーをつくってもらって、ほぼ毎日装着します。せっかくの開放感だったのに、毎日だなんて面倒だなと思ったけれど、時間をかけて治した歯をちゃんと維持するためだったらガマンできるって思いました。それと、まだまだ間食はできないからダイエットにもなりそう。でも、リテーナーも慣れるまでは、仕事で「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」が言いにくかったです。

歯並びがキレイになってから、めっちゃ鏡を見てしまっています。自分の歯じゃないみたいで不思議ですが、気分も上がります! 本当にやってよかった! まだ終わってはいないけど(笑)、あと少し、先生やスタッフの皆さんにお世話になります。これからも頑張るので、よろしくお願いします!

患者様の矯正治療体験コラム2~食べ物と“締めた3日後”には気を付けるべし~

東京都狛江市の歯列矯正専門医院「のむら矯正歯科」の患者様コラムをご紹介するページです。当院では、治療を受けていただいた患者様に治療体験記をお寄せいただいています。治療時のお気持ちをご自分の言葉で率直に書いていただいていますので、矯正治療をお考えの方はぜひご覧ください。

ワイヤー矯正で治療

治療開始

画像

画像

歯の矯正治療を開始した。まずは取り外しができる矯正器具を何度も変えながら歯の形をきれいに整える治療を続ける。矯正は歯列の形が変わるたびに器具も換えなくてはならないので、毎回、石膏のようなもので歯型を取る。僕は歯型を取るのが苦手で、呼吸がしにくくなって気分が悪くなることがよくあった。焦れば焦るほどうまく歯型が取れず、何度もやり直しすることになるので、落ち着いて深呼吸をして型採りしてもらう必要がある。

取り外し可能な矯正器具を使う期間が終わった。今度は取り外しができない、固定式の矯正器具だ。矯正と聞くと誰もが思い浮かべるような、銀色の針金や金属を使った装置だ。僕の場合、口の中に歯が並ぶスペースが足りないので、犬歯の近くの歯を抜くことになった。歯を抜くのは「のむら矯正歯科」ではなくて「鶴田歯科」だ。抜く本数はなんと合計4本! 抜歯ではゴリゴリと何だか嫌な音がしたが、麻酔がきちんと効いていたおかげで痛みはそこまで強くなかった。

今は、針金を使った装置を着けている。抜歯して歯がなくなったところへ、周囲の歯を徐々に動かしていくのだ。針金を調整で締めた後は、歯に激痛が走る。何も食べられなくなることもあるから、調整前にはしっかり食事を取っておかないといけない。特に、締めた3日後くらいに痛みのピークがくる。そのときには出された痛み止めを飲んで、生活に支障がないように気をつける必要がある。

歯を引き寄せるために、ゴムや透明のワイヤーを使うこともある。ワイヤーは結構取れやすいので、乱暴に歯をみがいたり、硬いものを食べたりするとあっという間にはずれてしまう。それが原因で針金が飛び出て、口内炎になることもあるそうだ。なので、やさしく歯みがきをするなど気をつけなければいけない。

8月26日

画像

今日の調整でまた、矯正装置の針金を締めた。明日から3日後くらいまで、歯が痛くなる。つけ終わった直後の今も痛い。こういうときは基本的にやわらかいもの、例えばゼリーや飲み物を摂るように指導されているのだが、あいにく家に適当なものがなかった。たまたまトンカツがあったので食べてしまった。当然ながら、歯には激痛が走った。調整後数日は、硬く弾力のあるもの、繊維の多いものを口にするのはオススメしない。歯に当たって痛いだけでなく、矯正装置の間に食べかすが挟まって不快になるからである。

3月20日

画像

矯正装置にワイヤーを着けるときは、歯に接着剤で金属部品を着けていく。接着剤の臭いが少々鼻につく。それから、唾を吸収するために口にガーゼを置かれるのだが、これも苦手な人はいるだろう。

最終段階に向かって、ワイヤーは太くなっていく。太くなるにつれて締め付けがきつくなるので、装置に慣れていても調整後には痛みが再発する。また、ワイヤーを交換してすぐは食べ物が引っかかりやすい。ワイヤーの太さは、普通の人には目視でほとんど判断がつかないが、野村先生には「0.00何mmの差」がわかるらしい。

現在の治療は3週間に1度、器具に破損がないかをチェックし、あれば補修するという形式だ。器具の破損とは具体的にいうと、食べ物を食べているときに、ワイヤーの一部が曲がることがある。そうするとワイヤーがずれ、針金が飛び出て口内炎が起きる。他にもフックがワイヤーよりも内側に入ってしまい、ゴムが取り付けられなくなる。こういった破損がたびたび起こるから定期的に通院して修正することが必要なのだ。

ワイヤーを使った金属製の器具を使い始めて3年ほど経った。ここ2年はこの治療を続けている。しかし、治療方法がまったく変わらないというわけではない。2007年の冬あたりから、ゴムを着ける治療も開始した。ワイヤーの一部にフックを2箇所つくり、そこにゴムをかけて歯の位置を調整するのである。

10月29日

画像

今日の治療内容は、ワイヤーの調整だ。それから、ワイヤーの内側など歯みがきしにくい部分についた歯石の除去。ワイヤーの調整では、歯の一つ一つに取り付けられた器具からワイヤーを外す。その後、フックを固定していた針金を新しいものに交換する。時間にして2箇所程度で30分~1時間程度。

今回はさらに、ワイヤーを止める金属の器具が歯から外れてしまっていたので、その修理も行った。歯の表面の接着剤を削り取り、研磨して平らにした後、再び新しい器具を取り付ける。ちなみに、口には弓なり型のプラスチック製の留め具が取り付けられており、開けたまま固定されている。

今回の治療では、歯を研磨するときの不快な振動が頭に響いた。痛いとかガマンできないというものではなかったが、なかなか辛かった。注意点としては、これまでと同様、ワイヤーを交換するたびに歯に力が加わり、2~3日は歯に痛みがあるということがあげられる。ただし、ここ1年の治療では、痛み止めを飲むというところまで発展したことはない。

患者様の矯正治療体験コラム1~あれもこれも、自分の歯並びをよくするための試練~

東京都狛江市の歯列矯正専門医院「のむら矯正歯科」の患者様コラムをご紹介するページです。当院で治療を受けていただいた患者様から、体験コラムを寄稿していただきました。治療を受けたときのお気持ちを率直に述べていただいていますので、これから治療を受ける方、矯正を検討しているという方の参考になれば幸いです。

裏側矯正で目立たない矯正にトライ

装置装着、最初の違和感と痛み……

画像

治療開始当初、歯に金具をブラッケットなどの装置を着けたときはものすごく違和感を覚えました。特に歯の裏側につけた装置は、舌に金属が常にあたっている状態で……。以前、違う形の装置を取り付けたときも食事ですごく苦労したので、そのことを思うと「本当に大丈夫かな?」ととても不安に感じました。

装置を着けてすぐの頃は、まず食べ物が装置の間に詰まるし、うまく噛むことができないし、食事が楽しいどころか食べ物が美味しいと感じられません。しかし、前回と比べれば今回の装置はまだ楽だったのと、先生やスタッフの皆さんからいろいろご指導いただいて、硬いものはできるだけ避け、麺類など柔らかいものを選んで食べることでなんとかガマンできました。

デンタルケアが気持ちいい!

最初の一週間は、歯が引っ張られているのが感覚で分かります。そのため、歯で食べ物を噛むときに痛みが出ることもありました。ときどき痛みがひどくてうまく噛めず、ゆっくり食べるしかありませんでしたが、これも歯並びをよくするためだと自分で自分に言い聞かせて生活していました。

毎回の食事では、どうしても食べ物が歯と装置の間に挟まります。ですが、食後は必ず口をゆすいだり、丁寧に歯みがきをしたりするようになりました。さすがに装置を着ける前と同じようにはいかないし、むしろ歯みがきは難しくなっているのですが、それまであまり意識していなかった歯みがきに集中するようになって、かえって“口の中がサッパリする感覚”にハマるようになりました。デンタルケアをしっかりするのって、こんなに気持ちいいんですね。装置が外れてからは、もっと自分で自分の歯をお手入れしやすくなるんだと思うと、今から楽しみです。