矯正歯科医院の選び方

矯正治療を受けようか迷っている方へ~矯正歯科の選び方~

矯正治療を受けようか迷っている方へ~矯正歯科の選び方~

矯正歯科治療はむし歯治療などと比べて治療期間が長く、治療費もかかるもの。そのため、一般的な歯科診療以上に正しい歯医者選びが重要なポイントとなってきます。

こちらでは、東京都狛江市の矯正専門医院「のむら矯正歯科」が信頼できる歯科医院の条件をいくつかご紹介します。ご自分に合った矯正歯科医院を探すうえで参考にしていただければ幸いです。

【矯正歯科医院を探す前に……】

【矯正歯科医院を探す前に……】

矯正治療を受けたいとお考えなら、まずご自身がどんな治療を希望しているか、どのような問題を解消したいかを具体的に考えておく必要があります。“受け身”で治療に臨むよりも、自分から積極的に取り組むほうがよりよい成果が期待できるからです。何事もそうですが、こと矯正治療の場合、患者様自身の強い意思や主体性なくして継続していくことはできません。矯正によってどのような未来を希望しているか、今一度考えを明確にしておきましょう。

信頼できる矯正歯科なら、以下の条件を満たしているはずです

ドクターやスタッフが勉強している

ドクターやスタッフが勉強している

矯正治療に関する基本的な知識・技能を持ち合わせていることはもちろんですが、日進月歩の医療技術に対して常に研鑽を重ねているかどうかも非常に大切です。矯正は時間も費用もかかる治療ですので、患者様自身が「ドクターの質」を正しく見極めることが重要になってきます。勉強会への参加や所属学会での研究成果発表などに積極的な歯科医院かどうかはWebサイトや院内掲示物などを見ればわかりますので、チェックしてみましょう。

しっかりとした検査や説明がある

しっかりとした検査や説明がある

効果的な矯正治療を行うためには、さまざまな検査によってデータを取得し、適切な診断を実施することが欠かせません。特にセファロレントゲンを使用しているかなどはチェックしてみましょう。こちらは矯正歯科用の特別なレントゲンで、顔の骨格を調べるためのものです。正常時や術前術後の比較、成長の予測などをシミュレーションすることができます。治療に必要な情報をしっかり得られる検査体制・検査設備が整っているか、気にしてみましょう。また、治療方針をわかりやすく患者に伝えてくれるかも「信頼」を左右する重要なポイントです。矯正治療の目的が何で、そのためにどういった方法があるということを、丁寧に説明してくれるドクターなら安心ですね。

セカンドオピニオンに対する理解がある

セカンドオピニオンに対する理解がある

「セカンドオピニオン」とは、よりよい治療法を見つけるために主治医ではない第三者の専門家(医師)に意見を求めたり、検査・診断・説明をしてもらったりする仕組みのことです。何が「最善の治療」なのか分からない患者様が、どの医院でどんな治療法を選ぶのかを決めるためには、セカンドオピニオンによる情報収集が不可欠。第三者からの意見を嫌がる、もしくはその重要性を理解していない歯科医院は、避けたほうがよいでしょう。

転院についての説明がある

転院についての説明がある

矯正治療は通常の歯科治療よりも時間がかかるため、途中で転勤、親の仕事の都合、結婚などにともなう転居によって治療期間中に医院を移らなくてはならないこともあるでしょう。このような相談をしたときに快く応じてくれるドクターなら、安心してまかせることができます。経験豊富なドクターは知り合いや信頼できる先輩・後輩ドクターもたくさんいるので、同じ矯正治療に対応している他の矯正歯科を紹介してくれるかもしれません。

【治療費が安ければいい……本当に、それで大丈夫ですか?】

【治療費が安ければいい……本当に、それで大丈夫ですか?】

矯正治療は、歯科医師免許を持っていれば誰でも扱うことができます。つまり、実績や技術に乏しくても、看板には矯正歯科を掲げることができるのです。中には料金の安さ(矯正治療は自費診療のため医院で金額を決められます)を謳い文句にしているところもありますが、歯並びの見た目も機能も左右する矯正治療を価格だけで決めてしまってよいのでしょうか? 「安い」という理由だけで選ぶのは非常に危険です。ドクターの経歴や実績、治療を受けた患者の声など、客観的に確認できる情報をしっかり吟味して矯正歯科医院を選びましょう。